博多区豊一丁目のとも整形外科スポーツクリニック|整形外科・リハビリテーション科

  • HOME
  • 院長の想い
院長の想い

医院方針

スポーツによるけがや故障を再び起こさないような治療を心がけています

スポーツによるけがや故障では、痛みによる不安や競技に復帰できるのかといった不安など、さまざまな思いを巡らすかと思います。診療としてまずは、治療で痛みを和らげて症状を改善させ、スポーツができるようにリハビリでサポートします。
けがや故障のほとんどは、走り方やジャンプの着地の仕方、筋力や足首の可動域(ひねり)の不足といった、なんらかの要因があります。そのため、運動動作のチェックを行い、問題点を明らかにして、けがや故障をしにくい体作りを行い、グラウンドやピッチに戻ってもらうことを目標にしています。
なお、「試合に出たい」という希望にはできるだけ間に合うように治療を組み立てますが、状態や試合の日程によっては、難しい時もあります。私も理学療法士も皆、スポーツ経験者ですので、気持ちに寄り添いつつ、モチベーションを維持してリハビリに取り組めるよう支えていきます。

私について

学生時代はラグビーを経験、ずっとスポーツ整形外科で診療しています

私が整形外科の医師になったのは、学生時代にラグビーに打ち込んでいた際、けがをして診てもらったことがきっかけでした。そのため、スポーツ整形外科の道に進んだのは、自然な流れでした。日本で最初といわれる昭和55年に、スポーツ整形外科を標榜した関東労災病院をはじめ、ずっとスポーツ整形外科で診療に携わり、その経験を迅速な診断や競技復帰へのケアという現在の診療につなげています。
一人ひとりの患者さんを大切に診てきた中で、チームドクターとして関わっていた選手が手術を終え競技に復帰して、ゴールを決めた瞬間を目にしたことは、とても印象深く残っています。「先生、ありがとう」と言われることは、医師冥利に尽きます。
現在もラグビーのコカ・コーラレッドスパークスやサッカーの大分トリニータのチームドクターを務めています。その経験を診療につなげると同時に、スポーツと同じく、看護師や理学療法士たちと協力した、チーム医療による診療を大事にしています。

患者さんへの思い

わかりやすい説明で、納得してもらってから治療を進めます

私は、けがや故障などで困った時に、すぐに頼ってもらえる存在でありたいと思っています。そのため、明るい雰囲気を大事に、患者さんの話をしっかりと聞き、信頼関係を築きながら診療を進めるようにしています。
症状や治療についての説明では、専門用語は使わず、時には模型も用いてわかりやすくお話しするように心がけています。また、「靱帯がこういうふうに傷んでいるから、固定をして改善させていく必要がありますよ」など、患者さん自身に状態をしっかり理解してもらうようにしています。そして、納得してもらってから治療やリハビリを進めていきます。
当クリニックを開院した背景には、「けがを回避する治療」を提供したいという思いがありました。医師やトレーナーによるサポートを受けられないままプレーを続け、競技から離れなければならなくなる子どもや学生をできるだけ少なくできるよう、医院全体でサポートしていきます。