博多区豊一丁目のとも整形外科スポーツクリニック|整形外科・リハビリテーション科

診療案内

整形外科

整形外科

スポーツでのけがや故障といったスポーツ外傷・障害をはじめ、膝痛・腰痛といった整形外科全般の症状を診療しています。

初診では、どういうシチュエーションでけがをしたかなどまで、詳しく話を聞いて(問診)、実際に触れることで確認し(触診)、必要に応じてMRIやエコー(超音波診断装置)、レントゲンなどの検査を行います。そして、しっかりと症状を見極めて、治療やリハビリを進めます。

プロ・アマ問わず、スポーツ少年・少女から、中学・高校・大学の部活、健康増進のためにスポーツをしている高齢者を含む大人の方まで応じていますので、けがをした時や故障かなと思った時は、ささいな異変でもお気軽に相談ください。

スポーツ外傷

スポーツ外傷

スポーツでのけがや故障に対する治療目標の一つは、症状を改善させ痛みを解消して、競技への復帰を可能にすることです。しかし、それ以上に当クリニックでは、再びけがや障害を起こすことなく、長くスポーツが続けられるようにリハビリテーションで指導、アドバイスを行い、予防を行うことを目標にしています。

コカ・コーラ レッドスパークス (ラグビー)や大分トリニータ(サッカー)のチームドクターを務める院長が、理学療法士などと連携して、チーム医療で競技復帰までをサポートします。アスレティックトレーナーの資格を持つ理学療法士も在籍しています。

変形性膝関節症

変形性膝関節症

ご高齢の方に多く、歩きはじめや立ち上がり時に膝痛を感じる疾患です。加齢に伴い関節の軟骨がすり減って弾力性がなくなることにより、変形や痛み、炎症、こわばり、膝に水がたまるといった症状があらわれる病気とされています。

問診や触診、レントゲン検査、必要に応じてMRI検査を行い、膝関節の状態を確認して診断します。治療としては、内服薬(飲み薬)や外用薬(貼り薬など)の処方およびリハビリテーションを行っていきます。

リハビリテーション科

リハビリテーション科

トレーナーの資格を持ち、高校のラグビー部や野球部でトレーナーをしている理学療法士もいます。

リハビリテーションには、メディカルリハビリテーションとアスレティックリハビリテーションがあります。メディカルリハビリテーションの目標は、歩く、立つ、座るといった日常生活に必要な動作ができるまでに改善させることです。続いて行うアスレティックリハビリテーションでは、スポーツ競技に復帰することを目標にしています。

状態によって段階的にプログラムを作成し、まずは全身の体力維持のために患部以外のトレーニングを行います。その後、徐々に患部を使うメニューを行い、筋肉を養い、競技に合わせてパワーやスピードを復活させていきます。

スポーツでの体の不調や違和感は、なるべく放置せずに一度ご相談ください。